審美インプラントを
ご存じですか?

前歯と奥歯ではインプラントは異なります

前歯と奥歯ではインプラントは異なります

インプラント治療とは、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで支台にし、その上に被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う方法です。歯は1本1本異なる形をしていて、それぞれに役割があります。そのため、インプラント治療を行う際にも失った歯の種類に適する人工歯根が異なります。前歯に適したインプラントと奥歯に適したインプラントは異なるためです。前歯は顎の骨の形状が細いうえ、装着する人工歯の見た目の美しさも考慮する必要があるので治療の難易度は奥歯よりも高くなります。

埼玉県熊谷市の歯医者「ひかり歯科クリニック」では、初対面の第一印象を左右する前歯のインプラント治療も自信をもってご提供しています。

骨が吸収されにくい
システムを採用しています
~プラットフォームスイッチング~

骨が吸収されにくいシステムを採用しています~プラットフォームスイッチング~

インプラントは、顎の骨に埋め込む「フィクスチャー」と人工歯の支台となる「アバットメント」に分けられます。そしてその接合部分を「プラットフォーム」と呼びますが、従来のインプラントより「プラットフォーム」が小さいのが「プラットフォームスイッチング」です。インプラントと骨の接合部が歯肉で覆われるので骨の吸収や歯肉の退縮を防ぎ、機能的にも審美的にもインプラントを長持ちさせることができます。

プラットフォームスイッチングのメリット
 
歯肉の貫通部分が小さめなので、咬んだときの過度の振動がインプラントや骨に伝わるのを防ぎます
接合部が歯肉で覆われるので、歯肉の厚みが増し血流量も増えて細菌に対する抵抗力が増加。インプラント周囲炎のリスクを抑えます
プラットフォームが見えないので仕上がりの見た目がより自然です

施術前に必ず
精密検査を行います

インプラント治療には外科手術をともないます。そのため、安心で安全な治療をご提供するためには治療前の精密検査が欠かせません。精密検査の結果、安全なインプラント治療ができないと診断した場合には、ほかの治療法をご提案することもありますのでご了承ください。

細菌検査

細菌検査

インプラントを顎の骨に埋め込むので、治療を成功させるためには十分な顎の骨と骨密度が必要です。歯周病にかかっている場合にはその治療を優先させなければなりません。治療計画において細菌検査を行い、歯周病のリスクを判定します。

CTによる検査

CTによる検査

インプラント治療を成功させるためには歯や顎の骨、神経の位置などの詳細情報を得なければなりません。その情報を細部まで立体的に把握できるのがCTです。CTの詳細画像の活用により、どの部位にどの種類のインプラントをどのくらいの深さにどの角度で埋入すればいいのかの治療計画を立てることができます。

難易度の高いケースも
対応します

難易度の高いケースも対応します

歯科医療の進化にともない、さまざまなインプラント治療システムが開発されています。セラミック製の被せ物を装着して1本の歯の機能を回復するだけでなく、特殊な入れ歯と数本のインプラントでお口全体の機能を補うことも可能になってきています。また顎の骨が不足していて、すぐにインプラントを埋入できないような場合などには、まず骨移植を行ってから治療が行えるようになってきているのです。当院では他院で断られてしまったような難易度の高いインプラント治療も行っています。まずはお気軽にご相談ください。

骨移植

骨移植

インプラントを埋入するための骨の量が足りない場合、まず骨造成法を行ってから治療を行うことがあります。また骨の状態によっては骨補填材や人工骨の埋入とインプラント埋入治療を同時に行うことも可能です。骨造成法には、「ソケットリフト」「サイナスリフト」「GBR」などその部位や骨の状態によりさまざまな方法があります。

歯肉移植

歯肉移植

歯ぐきが痩せてしまっている場合には歯肉移植手術を行います。インプラント治療のときだけではありません。歯周病などによって歯ぐきが退縮してしまったときに、その程度によってCTG(結合組織移植)やFGG(遊離歯肉移植)を行います。

PRP

PRP

PRP(多血小板血漿)とは骨や歯肉の治癒や回復を促進させる物質です。採取した患者様の血液を遠心分離してPRPを取り出し、インプラントを埋入する際にゲル化したPRPをフィクスチャーに塗布し、また歯肉の縫合前にも注入して人工歯根と骨との結合を促進させ歯肉の治癒を促します。