気になる歯並びは矯正歯科

矯正歯科できれいな歯並びを
手に入れましょう

矯正歯科できれいな歯並びを手に入れましょう

歯並びが乱れていると口元がとても目立ちます。「出っ歯」や「すきっ歯」「受け口」そして「歯がでこぼこに生えている」など口元が気になっていると、笑顔になったり、人前で話たりすることも億劫になりがちです。思いっきり笑えるように歯科矯正治療をしませんか? 埼玉県熊谷市の歯医者「ひかり歯科クリニック」では、専門医による矯正治療をご提供しています。

歯並び矯正は虫歯・
歯周病予防につながります

歯並び矯正は虫歯・歯周病予防につながります

歯並びが乱れていると歯の汚れが落ちにくいことがあります。ブラッシングをしても歯ブラシが届かないとプラーク(歯垢)や歯石がたまり、そこから虫歯や歯周病が発症してしまいやすいのです。矯正治療によって歯並びをきれいに整えれば、お口の自浄作用がはたらきやすくなるうえ、ブラッシングもしやすくなるので、お口のトラブル予防につながります。

矯正の専門ドクターが
担当します

矯正の専門ドクターが担当します

矯正歯科治療には専門知識が求められます。それは、お口の状態は一人ひとり異なるうえ、治療を受ける方の年齢によっても治療方法が異なるからです。また同じように歯を動かすとしても矯正装置の種類もさまざまあります。当院では、矯正歯科治療を大学病院の専門分野として何年も勉強してきた奥田先生が治療を担当します。子育て経験もありますので、歯科医師として、そして親として両方の目線に立って矯正治療を行っています。分からないことは何でもご相談ください。豊富な知識と経験を活かして分かりやすくご説明し、丁寧な治療をご提供します。

目立たない矯正治療を
しませんか?

目立たない矯正治療をしませんか?

「歯並びは整えたいけど、治療で目立つのはイヤ……」という方も少なくありません。そのイメージの多くは金属の矯正装置を歯面に装着し、ワイヤーを通して歯を理想の位置に動かしていく「メタルブラケット」だと思います。ほとんどの症例に対応可能なオーソドックスな装置ですが、確かに目立つのが難点です。他人に治療を気づかれたくない方には「目立たたない矯正装置」をおすすめします。

舌側矯正

舌側矯正

一般的な矯正装置は歯の表面に装着しますが、歯の裏側に装着するのが舌側(裏側)矯正です。リンガルアーチともいいます。表から見えないので治療をしていることにほとんど気づかれません。「ひかり歯科クリニック」では舌側矯正の実績が豊富な医師が月2回治療を行っています。舌側矯正は前歯を引っ込めるのに適しているうえ、舌で前歯を押してしまう舌癖(ぜつへき)防止にもなります。虫歯になりにくいのも特長です。
マウスピース型矯正

マウスピース型矯正

透明のマウスピースを一定期間装着したあと、次のマウスピースに取り替えて歯を理想の位置に動かしていく方法です。装着していてもほとんど気づかれないうえ、取り外しが可能なので食事やブラッシングをいつもと同じようにできます。
クリアブラケット

クリアブラケット

金属ではなくクリアな樹脂製のブラケットを歯の表面に装着して歯を動かしていくシステムです。ブラケットが歯の色に同化しやすいうえ、通すワイヤーの色を選ぶと、より目立ちにくくなります。