治療後は
メインテナンスで長持ち

健康な歯で過ごすには
メインテナンスが欠かせません

健康な歯で過ごすにはメインテナンスが欠かせません

歯科医院では虫歯や歯周病の治療だけでなく、その予防のための定期検診や歯のクリーニングを受けることができます。虫歯や歯周病は原因菌による感染症です。その細菌が潜んでいるのはプラーク(歯垢)や歯石。その除去こそがお口のトラブル予防に直結するのです。

最近では定期検診で口腔ケアを受ける方が増えています。それは美容室に行って髪型を整える感覚に似ているかもしれません。歯科検診は虫歯や歯周病の予防や早期発見・早期治療につながるだけでなく、歯の健康美の維持にもつながります。埼玉県熊谷市の歯医者「ひかり歯科クリニック」では予防歯科に力を入れ、地域の皆様のお口の健康維持のサポートをしています。

とくに歯周病の検査や
ケアは重要です

とくに歯周病の検査やケアは重要です

虫歯同様、歯周病も初期段階ではほとんど自覚症状が現れません。日本の成人の約8割が歯周病予備軍またはすでに発症しているといわれています。歯周病と虫歯は日本の成人が歯を失う原因の1位と2位です。つまりお口の2大トラブルのリスクを抑えられれば、お口の健康につながるのです。

歯周病も虫歯も再発しやすい病気なうえ、初期段階では静かに進行していきます。その予防のための基本は毎日のセルフケアですが、そこに定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアを加えることがお口のトラブル予防効果を高めます。定期検診で歯石を除去する際には歯周病の基本検査をするのが保険診療での決まりです。歯周病の進行度合いの把握がメインテナンスプランの作成につながり、歯ぐきの状態の改善に欠かせないのです。

歯科衛生士による
予防ケアメニューです

PMTC

歯科衛生士による予防ケアメニューです

口腔ケアのプロフェッショナルによる専門器具を使用した歯のクリーニングです。セルフケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを、歯科衛生士がさまざまな器具を用いてきれいに落とします。歯の表面に付着する軽い色素沈着の除去も可能です。仕上げに歯の表面をツルツルにして汚れの再付着を防ぎます。お口の中がサッパリするうえ、口臭予防にもつながります。
歯周ポケットのクリーニング

歯周ポケットのクリーニング

歯と歯ぐきの溝が何らかの理由で深くなると歯周ポケットを形成します。歯周ポケット内部はブラッシングでは汚れを落としにくいので、やがてプラークや歯石が形成され虫歯や歯周病を引き起こしてしまうのです。その部位を歯科衛生士がチェックし、しっかりクリーニングします。
フッ素コーティング

フッ素コーティング

フッ素には虫歯菌が糖分を分解し、産出する「酸」への抵抗力を高めるはたらきがあります。そのフッ素を歯面に塗布して虫歯予防をするのです。細菌の活性化を抑えるはたらきも期待できるので、虫歯予防には定期的なフッ素コーティングがおすすめです。
ホームケアのアドバイス

ホームケアのアドバイス

虫歯も歯周病も予防や治療の基本は毎日のブラッシングです。しかし自己流のブラッシングでは「みがきグセ」が起こりやすく、汚れを残してしまう部分が生じることがあります。するとそこからお口のトラブルが発生するのです。お口の状態は一人ひとり異なりますので、患者様に合わせて汚れを落とすために効果的なブラッシング方法をアドバイスします。

ご自宅でできる効果的な
ケア方法をご紹介します

ブラッシング

※画像は左右にスクロールして確認することができます。

スクラッピング法 バス法

ブラッシング

ブラッシング

歯面のみがき方です。ブラシを歯面に直角に当て小刻みに動かし汚れを落とします。やわらかい歯ブラシで力をかけ過ぎないようにやさしくみがきましょう。 歯のつけ根のみがき方です。やわらかい歯ブラシを45度の角度で歯ぐきに当て、歯と歯ぐきの溝に入り込んだ汚れを落とします。鉛筆を持つように歯ブラシを持ち、やさしく小刻みに動かしましょう。
デンタルフロス

デンタルフロス

糸状のブラッシンググッズです。両手の人差し指に巻きつけて、歯と歯の間に通して歯面に付着する汚れをみがき落とします。デンタルフロスにはホルダーつきのタイプもあります。
歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯と歯の間の歯ぐきに近い部位の汚れをかき出すのが歯間ブラシです。歯間ブラシの細さには種類があります。ご自分に合ったサイズの歯間ブラシで汚れを落としましょう。